お知らせNEWS

2019/08/07

<熱いお湯は逆効果!?身体を温める入浴法>

~・38度から40度が神経をリラックスさせる温度・~

扉温泉 明神館をご利用くださるお客様からはあまり伺うことはないこと、それは「熱いお風呂に入らないと入った気がしない。」というお話し。

これは、日本人が幸せを感じる入用方法として、勘違いされていることを皆様がご存知ということですね。

人間の皮膚が熱いと感じるのは42度以上、そう考えると日本のお風呂はかなりの高温浴といえます。
お湯が熱ければ、その分体を温めそうですが、”実は逆効果”

高温浴をすると、皮膚は熱を体中に入れないように、防御反応を示します。

高温浴の場合、皮膚表面の温度は高くなりますが、血管が縮まることで、血液循環が悪化。体の芯は温まらない状態に。

<温泉療法士:齊藤忠政が推奨する温泉温度>

交感神経と副交感神経の関係。
微妙な温度の違いですが、40度以上の温度と38度の温泉で変化を調べた結果、38度のお風呂は、副交感神経の機能を高め、しかも交感神経の機能も高めることが明らかになりました。

高温浴ですと、副交感神経は持続的な高まりが作れなくなってしまう。

扉温泉 明神館の温泉も、自律神経の自動調整に無理なく貢献される38~40度としゆったりと楽しめる。本当の意味での心身のリフレッシュをサポートいたします。

ー・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
自律神経 =循環器、消化器、呼吸器などの活動を
      調整するために、24時間働き続けている神経
交感神経 =体の活動時や昼間に活発になる神経
副交感神経=安静時や夜に活発になる神経
ー・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-

2019/08/03

<扉農園の夏野菜>

<扉農園の夏野菜>

続々と扉農園の野菜やフルーツが収穫期を迎えております。
信州のおいしい野菜、是非お楽しみください。

明神館の前を流れる小川では、夏もみじが川からの風を感じて
ゆらゆらと涼しそう。

標高1050mに建つ明神館で涼やかな夏を楽しんで

 

2019/07/28

扉グループ統括総料理長 田邉真宏

Please enjoy the Tobira Onsen Myojinkan movie : “Food education in Japanese junior high school” with the Chef Tanabe.

Food education in Japanese junior high school with the Chef Tanabe,

Please enjoy the Tobira Onsen Myojinkan movie : "Food education in Japanese junior high school" with the Chef Tanabe.扉グループ統括総料理長 田邉真宏「僕は料理人だから、料理を通して皆と会話をしています。 子供たちの未来は、子供たちが見つけるもの。 自分の限界を自分で決めず、視野を広げて色々なことに 挑戦してほしい。未来は自分自身で変えられるよ。」

Tobira Onsen Myojinkan 扉温泉 明神館さんの投稿 2019年7月27日土曜日

扉グループ統括総料理長 田邉真宏
「僕は料理人だから、料理を通して皆と会話をしています。
 子供たちの未来は、子供たちが見つけるもの。
 自分の限界を自分で決めず、視野を広げて色々なことに
 挑戦してほしい。未来は自分自身で変えられるよ。」

Masahiro Tanabe, Main chef of the tobira group,

“I’m a cook, so I express myself through cooking.
I  passed on to future generations a new way of cooking.
Do not limit yourself, widen your horizons and try new things.
The future can be changed by oneself. “

 

2019/07/21

<大人の食育イベント> 7月19日

前日は、生産者、製造者の元に訪れ、それぞれの思いを受け止めてきた両シェフ。
翌日の19日は、その思いと自分たちの食育に対する思いを料理で表現しました。
 
しかしながら、今回得たものは、料理の素晴らしさだけではなく、その料理を元に、
シェフのお話から生まれる、団欒の空間。
店内全てが一つの家族のような。とてもステキな時間となりました。
 
この素晴らしい団欒の場が、ご家庭一つ一つに戻る日を目指し、
田邉真宏(扉グループ統括総料理長)と音羽和紀(OTOWA RESTAURANT オーナーシェフ)は歩み、発信しつづけます。
<Event on Food Education for Adults> July 19,
The day before, the two chiefs visited local producers and manufacturers and listened to their thoughts.
 
On July 19 the next day, we then expressed their thoughts and our thoughts for food education through cooking.
 
However, what we got this time is not just good food but a harmonious space born from the chef’s story.
 
Everything in the store interior is like a family. It was a wonderful moment.
 
Wishing this day that this wonderful gathering will return to all families.
Tanaba Masahiro (Tobira group’s chief chef) and Otowa Kazunori (chef and owner of the OTOWA restaurant) will go forward and continue to transmit.

2019/07/21

<大人の食育イベント>7月18日

 

1田邉真宏(扉グループ統括総料理長)と音羽和紀(OTOWA RESTAURANT オーナーシェフ)が共演「大人の食育イベント」が開催されました。 〜田邉真宏〜
実際に、生産者や製造者の元へ訪れ話を伺い、郷土食を食べ、食材に触れ、5感で現代を感じることができた。そしてプラス1感を加え、6感で捉えた未来。
今回感じ得た大切なものを現代の大人の皆様にお届けをし、お伝えをして、私たちシェフが、現代の大人と未来の大人の架け橋になれたら嬉しいよね。

<Food Education Events > July 18,

This event was organized jointly with Tanabe Masahiro, head chef of the Tobira group, and Otowa Kazunori, chef and owner of the Otowa restaurant.
~ Tanabe Masahiro ~
Actually, I visited producers and manufacturers, I could understand their stories, eat local foods, touch the ingredients and feel the modernity with my five senses. And by adding one more sense, with six senses, I can perceive the future.
I would like to share with adults what I have felt most important and tell them that we will be the bridge between current adults and future generations.