お知らせNEWS

2020/06/20

The tone of nature

The tone of nature

Japanese have cherished life with nature since ancient times.
They had expressed different natural phenomena by sound and color.

Since globalization started, humanity has been losing nature and
not only in Japan. But, nowadays you can find amazing places
in the Japanese countryside, where nature is pure.

There people and nature coexist in harmony.

We value nature and life with it.

The Japanese invented a special word for the sounds of the rain
dripping from leaf to leaf at the rainy season.

It is called “shito shito” (drizzling rain) in Japanese.
Is there a similar expression in your language?

We invite you to the Japanese countryside to listen to
the sound of the raindrops.

雨の日、シルクハット坊やが口ずさむ

「あめあめふれふれ かあちゃんが じゃのめでおむかえうれしいな
ピッチピッチ チャップチャップ ランランラン」

懐かしい歌を耳にしました。
久しぶりに聞いてみると、子供達は雨の日は憂鬱な日ではなく、
お母さんが傘をさして迎えに来てくれる楽しい時間。

楽しい時間というのは、何をするかではなく誰と過ごしているか。
そういう思いを坊やの歌で感じられました。

信州も梅雨の季節に入りました。
木々の緑は”しとしと”と降る雨を受けて、
緑濃くいきいきとした様子。

この綺麗な原生林の美しさを是非大切な方と過ごして
愉しんでいただきたいです。

≪ 一覧に戻る