お知らせNEWS

2020/03/05

ふきのとう

先日、Satoyama villa DENのFacebookでご紹介しておりましたが、もう啓蟄(けいちつ)の季節。

大地が温まり、冬ごもりから目覚めたものが顔をのぞかせる頃。
明神館の扉農場でもふきのとうが顔を出しておりました。
もう春ですねぇ。



独特の香りとほろ苦さ。
動物たちも、冬眠から目覚めると山菜を食べるといいます。
冬の為にためた脂肪を流し、味覚を刺激し目を覚ます。


このほろ苦さ、春を迎えるにあたり大切なものなのですね。
新鮮な山菜を使用したお料理、アルカリ単純泉の温泉に浸かりながら日光浴をして、
体内でビタミンD(骨を丈夫に、免疫機能の調整)を生成し、適度な運動で健康な体作りをしましょう。


※緑の景色の画像は、昨年のものです。

≪ 一覧に戻る