お知らせNEWS

2021/06/01

扉温泉 明神館 創業 90 周年 を迎えました

1931年に開業いたしました扉温泉明神館は、2021年6月1日をもちまして創業90周年を迎えました。 この日をお迎えすることができましたのは、ひとえに支えてくださる皆様のおかげに他なりません。 数ある旅館の中から当宿をお選びいただき、誠にありがとうございます。 1931年6月、創業者齊藤武茂により扉温泉明神館は開業いたしました。 始まりは、山で採れたものや畑で作ったものでおもてなしをする、家族経営の小さな宿。 生活する上では決して恵まれた立地とはいえない山奥での営業は、農地を開くにも大変な苦労がありましたが、それでもお客様をもてなしたい一心で、少しずつ畑を広げ、山で採れる山菜や川魚を提供しました。 恵まれない立地だからこそ、日本人特有の「もったいない」という言葉を守り、食べ物に限らず、温泉や材木等すべてのものを大切にする。 90周年を迎えた現在でも、根本にあるその想いは変わりません。 国定公園が奏でる1/fゆらぎ、木々が発するフィトンチッド。 立地としては恵まれていなくとも、癒しを体感するには恵まれすぎている場所。 変わらずにあるようで、それらは無限ではありません。 「この自然環境と場所を、これから先も大切に守り抜いていかなければならない」 四代目当主である齊藤忠政の言葉の通り、それこそが私たちの使命です。 昨日、「10年後20年後50年後まで、扉の地を守り抜く」と宣言いたしました。こうして90周年をむかえた今、これから先も100年、200年と長く愛される旅館であり続けられるよう、より一層身を引き締め、精進してまいります。 神様が湯治に訪れる場所だったといわれるこの場所、約2200年前の天照大神様の岩戸伝説から始まった「扉」の地。 「明神館」という名は、創業者の齊藤武茂が、「神様たちのお宿」という意味を込めて付けました。 その名のもと、これからも「国定公園に佇む一軒宿」として、皆さまをお待ちしております。

≪ 一覧に戻る